◆ル・コルビュジエ 『建築をめざして』


「住宅は住むための機械」

コルビュジエの有名な言葉に「住宅は住むための機械」というものがある。建築には機能が備わっている必要がある。水に浮かぶ機能のない船は船ではなく、空を飛ぶ機能のない飛行機は飛行機ではない。それと同様に住むことができない住宅は住宅ではない。

建築について語るとき、コルビュジエはその最小単位である平面を考察する。一枚の平面で内と外を分離することが建築の最初の一歩だ。建築物を見るとき、われわれは光によって立体であることを認識する。立体は平面が光を遮ることで構成される。コルビュジエは「平面は基礎である。平面なしには、意図や表現の偉大さもなく、律動も立体も脈絡もない」と述べている。

ドミノシステム
(www.fondationlecorbusier.fr)

優れた建築においてそのかたちは偶然にできたのではない。平面の一辺の長さ、曲線を描くときのその円の半径の長さ、円と方形の並びかた、すべては幾何学的に説明される。どの時代につくられたか、あるいは建築史や美術史において、「何々様式」としてカテゴライズされているかなどということは一切、関係がない。

コルビュジエは形体について言及している。船、飛行機、自動車について、そのかたちのありかたを中心に据えつつ、建築へ適用可能な視点を探るのである。機能を満たすためにつくられたある形が、その機能を抜きにしても感動をよぶときがある。ちょうど自然界の生物の形のなかにその進化の過程を想像し、ある種の論理的な理解を得ながらも、それでも驚きを覚えてしまうのと同じように。

船、飛行機、自動車などの工業においては、新しい課題を設定してはそれを解くということを繰り返して発展してきた。コルビュジエは建築においてもその発展のために課題を設定しようと試みる。

建築の進歩のために「課題」を

芸術は通俗的な装飾であってはならない、「贅沢な情婦」であってはならない、芸術は本来高貴なものだと、コルビュジエは語る。
それでは、建築家は<美>である装飾から離れて、<機能>のひとつである構築的な部分に集中するべきなのだろうか。そうではない。構築術は複雑なために建築家はそこに長いあいだかかわってはいるが、そこに固定してしまってはいけない、という。

それではどうあるべきか。この本では後半部分で「量産家屋」というものを提案する。それは文字通り工業製品のように量産される家屋のことだ。
量産家屋は鉄とセメントによって可能になるとコルビュジエは述べる。これこそがコルビュジエが提示した建築における課題であり、その解答である。つまり工業の分野で起こったような進歩を建築で起こそうとした。コルビュジエはここで「革命」という言葉を使う。

サヴォア邸 (http://crownarchitect.blog121.fc2.com/より)

サヴォア邸
(http://crownarchitect.blog121.fc2.com/より)

読み継がれる理由のはその「読みにくさ」にある

この本に収められた文章が書かれたのは1920年から21年にかけてだ。これらはフランスの雑誌「新精神」のために書かれた。執筆から90年以上経過してもなお本書は読み継がれ、また大きな影響を与え続けている。

単に過去において影響力が大きかったということだけではなく、現在でも読むべき建築書の一冊とされている。その理由のひとつには、やはりル・コルビュジエという近代建築の巨匠が書いた本だからだろう。しかし巨匠ということであるなら、フランク・ロイド・ライトヴァルター・グロピウスも本を残している。しかし彼らの本がこの「建築をめざして」ほど語られることはあまりない。

この本が90年以上にもわたって現役感を失わずに語られるのはなぜだろうか。この本については多くの書評や感想があるが、そのなかでよく言われるのは、文章の難解さについてだ。文章の難解さ、わかりにくさはこの本の大きな特徴のひとつだ。難解さは翻訳のまずさに原因があるのではないかという意見もあるが、それ以上にコルビュジエの文章がそもそも読みにくいものだと想像できる。

誤訳であれば通常、文のもつ意味が不明瞭になるが、この本の場合は文の意味はわかる。だがそれらのつながりが何を語ろうとしているのかがわかりにくいのだ。それはちょうど詩を読んだときに感じる、単語や文の意味以上に想起するものがあるがために、かえって「意味」自体の主張が弱くなるのに似ている。

この読みにくさこそが本書が現在まで読まれる理由のひとつではないかと思う。コルビュジエが簡潔で明瞭な文章を書いたならば、あっという間に読まれ、理解され、消費されていたに違いない。そのときコルビュジエの建築論には名称がつけられ、ひとつの時代を象徴するような建築史上の主義に収まったかもしれない。

それはコルビュジエ自身が最も忌避したことだ。コルビュジエが本書で再三述べるているのは、「何々様式」という範疇に収まるものは建築の本質ではないということなのだから。

様式化を回避すること=機能に集中すること

「建築をめざして」とは簡単に消費されてしまわない芸術を目指すということだ。それはちょうど船の「形」が消費されてなくならないように、飛行機の「翼」が消費されてなくならないように、自動車の「車輪」が消費されてなくならないように、簡単に消費されないものを生むことが建築にもできるはずだ。

工業の分野でおこなわれたように機能を満たすための新たな課題とその解答を求めるなかで生まれるはずだ、そのようにコルビュジエは考えた。そうしてコルビュジエがたどり着いたのは、それまでの芸術にとって反芸術的概念ともいえる、「機械の量産」という課題であった。

シトロエン住居(http://www.fondationlecorbusier.frより)

芸術と工業の間で

コルビュジエは「量産」という課題を設定した。その課題がコルビュジエがめざしたような、つまり工業と並ぶような建築の発展につながったかどうかについては疑問が残る。しかし別の見方をするならば、そこにはポップアートを40年先取りしたかのような、「芸術家」コルビュジエの先見性をみることもできる。

レマン湖畔の「小さな家」湖からの外観
(http://db.10plus1.jpより)

「建築」を芸術と工業の間でどの位置に設定するのか。建築から芸術という要素を削ぎ落とすと、同時に創造性もなくなってしまうかもしれない。創造性のない「モノ」には作品としての価値はなく、何の印象も残さない。ル・コルビュジエの作品を創造性のない「モノ」と見なすものはいない。コルビュジエの作品には芸術としての価値があると多くの人が感じている。だからこそ「建築家コルビュジエ」が言う「住宅は住むための機械」という言葉がインパクトを持つ。

本書でコルビュジエは芸術について熱く語りながら、その言葉と矛盾するかのような工業への憧憬を抱く。このアンビバレンツな姿勢こそ<芸術>と<工業>、<美>と<機能>という二重性を抱える建築を体現している。

Sponsored Link

【関連】
建築書のブックレビューの一覧
ル・コルビュジエ 『輝く都市』
ル・コルビュジエ 『ユルバニスム』