◆H-R・ヒッチコック P・ジョンソン 『インターナショナル・スタイル』
 

-別の名前をつけただけではないのか?-


 

「インターナショナル・スタイル」と近代主義建築

 ひとことでいうば、「インターナショナル・スタイル」とは近代主義建築を過剰にしたもののことである。

 とくにその機能主義的な部分を強く押し進めたことがスタイルの特徴となる。
 その上で「選ばれた天才」だけが芸術的な方面でも優れた作品を残すことが可能になると、本書は述べている。

 

建築家は芸術家か? それとも技術者か?

 建築で難しい点のひとつに施主からの要望をどこまで聞き入れるかということがある。
 建築家自身が望まない設計を施主が要望してきた場合、それに応えるべきか否かということである。

 いち芸術家として信念をもって、「それは自分のやろうとしている建築に反するのでできない」と拒否することが建築家としてあるべき姿なのか。それとも設計料を受け取るプロフェッショナルとして、施主の要望にどこまでも応えるのが建築家の正しい姿なのか。

 本書によるとアメリカでは後者のタイプの建築家が多いという。
 アメリカにおいては建築家は自身の作品を制作する”芸術家”というよりも、顧客の望む製品をつくる”技術者”という意味合いのほうが強い。

 より予算を抑えて効率的に建築物をつくりあげる。
 もちろん余計な装飾はそれだけ予算がかかるので極力省く。
 とはいえ顧客が望むのであれば可能なかぎりそれに応えるかたちで装飾もつける。
 「施主が望むなら、彼ら(=アメリカの建築家)は劣悪な建築デザインでもって建物が醜くなることも辞さない」と本書には書かれている。

 

繰り返される近代建築と装飾の問題

 近代以降の建築において、装飾は有害なものとされてきた。
 建物に装飾を施す彫刻家的な職人はいまでは職業として成立しない。かといって機械で彫刻風の装飾を施すのは懐古趣味以外の何ものでもなく、それはほとんど悪趣味とイコールと見なされる。

 彫刻以外の装飾ももちろんあるにはあるが、必要ではない装飾は予算の無駄でしかない。
 では逆に、必要な装飾とはなにか。ひとつ例をあげれば”キャプション”というものがある。
 マンション名などの建物名のプレートがあるが、そのフォントやサイズをどうするかというのは必要な装飾といえるだろう。

 もちろん広い意味の装飾ということでいえば外観全体を含めて考えることはできる。
 たとえば壁をどのように加工するか、窓をどの位置にどのくらいの大きさで設置するか、窓枠をどのようなものにするかといったことも、内容によっては装飾といってもいいかもしれない。

 本書においても、装飾に対して否定的なスタンスではあるが、どこまでをこの”装飾”に含めるかは明確にされることはない。
 近代建築の領域のなかで”否定される装飾”とは基本的には柱頭やファサード(正面)に施されるものを指している。
 それはつまり新古典主義やアカデミー様式とよばれる、それ以前の建築スタイルに対する否定である。

 この”装飾”に対する否定は、近代建築に関する論文で繰り返しおこなわれるもので、とくべつ新しい内容ではない。

 

近代建築とどう違うのか

 「インターナショナル・スタイル」と近代建築との区別は明確にはされることはない。
 このふたつはほとんど同義であるといえる。本書では「インターナショナル・スタイル」を定義するために建築の細かな部分について言及してはいるものの、ではそれが近代建築というカテゴリから外れるかというとそうとはいえない。

 本書では「半-近代」という語を使い、近代建築の初期の作品たちと「インターナショナル・スタイル」とを分けようとしている。「半-近代」は近代主義的な要素の不十分さゆえに、やや否定的に語られる。
 だがそれらを除いた領域に「インターナショナル・スタイル」と命名するのであれば、やはりそれは大きな意味での近代建築に含まれることになる。

サヴォア邸 (http://crownarchitect.blog121.fc2.com/より)

サヴォア邸
(http://crownarchitect.blog121.fc2.com/より)

 近代建築の代表的な作品はすべて「インターナショナル・スタイル」の作品として扱っても差し障りはない。
 コルビュジエの作品はもちろん、グロピウスミース、アアルトなどの作品は「インターナショナル・スタイル」についての文章内で図表としていくつも参照される。

 要するに近代建築に「インターナショナル・スタイル」という名称をつけて、その特色を書いているだけに過ぎないともいえる。また、その内容も特筆にあたいするものばかりではないように思える。

 たとえば本書では、コルビュジエのサヴォア邸を「与えられた建物のヴォリュームのまとまりを最大限に利用する」といい、グロピウスのバウハウス校舎を「部分の間の有機的関連をより強調して、外に延びていく分節を好む」と書かれている。
 簡単に言うならば、前者は「建物の内側でデザインする」ことを意味し、後者は「建物の外形をデザインする」ことを意味している。では、それ以外のデザインが他にあるというのだろうか。

 

本書の存在の意義

 本書は一九三二年に出版された。いま日本語の訳書として入手できるものには、巻末に一九五一年に著者自身によって書かれた『二〇年後のインターナショナル』という論文がつけられている。

 この論文の最後で著者は「インターナショナル・スタイル」という書物のその後の影響について次のように書いている。
 「この語句(=「インターナショナル・スタイル」)はいまや、二五年前のデザインの常套文句を字義通り想像力もなく適用することを非難するのに便利となっているのかもしれない。もしそれが本当に事実とすれば、この用語は忘れさられた方がよい。一九三二年においては以前として勢力をふるっていた「伝統建築」はいまや死んだも同然である。二〇世紀の生きている建築を、単に「近代」と呼んでよいであろう。」

 つまり、「インターナショナル・スタイル」というものがひとつの”様式”として存在し、二〇年後にもそれをそのまま取り入れている建築がある。
 そのようなもの対して、”いまだにインターナショナル・スタイルで設計している”というネガティブな評価があり、そのようなときにだけ「インターナショナル・スタイル」という単語が使われる。

 要するに二〇年後の一九五〇年代には「インターナショナル・スタイル」は古くて形骸化したものになっているということだ。 

 著者のいう、一九三二年の「伝統建築」とはアカデミーを中心とした古典主義建築のことである。
 それは一九五〇年代には死んだも同然のものとなっていた。
 だから最終的には、二〇世紀にある建築は「単に「近代」と呼んでいい」という。
 それは近代建築のある一部の領域に「インターナショナル・スタイル」という別名をつけて区分けしようとした自身の行為そのものを否定しているとも受け取れる。

 最後の最後に著者自身によって、「インターナショナル・スタイル」という用語は忘れたほうがいい、とまで言われてしまうと、唖然としてしまう。

 とはいえ、本書は図版も豊富であり、「インターナショナル・スタイル」という用語を”近代建築”と置き換えて読めば、よい解説書になっている。とくにアメリカとヨーロッパの比較などは興味深く読めるし、建築と建物という分け方による考察もおもしろい。
 近代建築の解説として読めば内容は優れたものであるといえる。


【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)


Sponsored Link