◆ル・コルビュジエ 『ル・コルビュジエ 図面集 vol.4 ユニテ・ダビタシオン』
 

-ユニテ・ダビタシオンができるまで-

集合住宅、ユニテ・ダビタシオン

 本書はル・コルビュジエの図面集シリーズのなかの一冊である。
 タイトルに『ユニテ・ダビタシオン』とあるように、ひとつの建築作品だけでこの一冊が構成されている。

 ユニテ・ダビタシオンはコルビュジエの代表作品のひとつである。
 それはこの集合住宅が単にデザインが優れているというだけではなく、コルビュジエが長年、考えつづけてきた建築のありかたを体現しているからだといえる。

 ユニテ・ダビタシオンの建設依頼がきたのは一九四五年だが、構想自体はその二〇年前からあった。
 この構想というのは具体的な集合住宅の設計というよりも、人が住む住戸、暮らす都市のありかたという広い意味での構想である。

Unité d'Habitation (http://en.wikiarquitectura.comより)

Unité d’Habitation
(http://en.wikiarquitectura.comより)

 コルビュジエは建築家として、また都市に住む芸術家として、住宅や都市についての考察をつづけていた。
 それが現実の建築物として具現化されたのがユニテ・ダビタシオンなのである。

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link