◆ジークフリード・ギーディオン 『空間 時間 建築』 1/2
 

-近代建築の教科書とよばれる理由- 1/2


 

建築におけるギーディオンの存在

 本書は建築家を目指す人のバイブルのような本である。
 初版が一九四一年、日本語訳も一九五五年に出ているので、出版されてから半世紀以上たっている。それでも本書を越える「近代建築の教科書」はないといっても過言ではない。

 著者は一八九三年にスイスで生まれ、工学と美術史を学んだ。一九二八年から五六年まで近代建築国際会議(CIAM)という会議において書記長の任に着いている。
 CIAMはル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウスといった近代を代表する建築家が参加した近代建築運動の会議であり、ギーディオンは第一回から実質的な解散である第一〇回まで書記長を務めたのである。

 

科学と芸術の乖離

 本書はギーディオンがハーバード大学教授としておこなった講義がもとになっている。講義自体は一九三八年におこなわれたものである。つまり本書の基本的な部分は一九三〇年代にはすでにできていたということである。

 ギーディオンは建築のありかたについて、科学と芸術の統一の重要性をあげる。また当時の状況について、科学と芸術とが相互に対立しながらそれぞれ異なった水準で進んでいるとも述べる。

 現在、一般的な認識として、科学者と芸術家とはほとんど正反対の存在として認識されている。
 科学者は論理的な手順を踏みながら事実を解明していくことを重んじる存在であり、芸術家は論理を超えた飛躍や瞬間的に沸きあがる感情によって生むものを重んじる存在としてある。
 そのため現在では科学者でありながら芸術家でもあるという存在はイメージすることすら難しい。
 しかし、ルネサンス時代のフィレンツェには科学者でありながら芸術家でもあるという人物が存在した。当時の芸術家は人物を描くために医学的な知識を持っていたし、建築のために工学や天文学に関する知識も持ち合わせていた。

 ギーディオンが「科学と芸術の統一」を述べているといっても、建築家たるもの科学者兼芸術家たれと言っているわけではない。ただその両者の接触すらも失われているという近代以降の状況について述べているのである。

 

科学の客観性と芸術の主観性

 科学と芸術という二項は、建築においてさまざまなかたちであらわれる。
 たとえば「工業と美術」や「構造と装飾」や「機能とデザイン」など。建築は単純に工業分野の範疇として語られるものではないし、また芸術のなかに収まるものでもない。

 科学者の残す成果は万人に共通するものでなくてはならないのに対し、芸術家の残す成果はその芸術家にのみ、なし得るものでければならない。つまり科学の成果は同じ条件のもとでは常に同じ結果になることが証明されなければならないが、芸術家の作品は同じ芸術家が同じ条件で制作しても同じものが二度とできないというもののほうがよしとされる。

 それでは建築家の残す建築物はどうだろうか。科学における発見は、その科学者が発見しなくてもいつか他の誰かが見つけていただろうと言うことが可能だが、芸術における作品については、その芸術家がつくらなくてもいつか他の誰かがつくっていただろうとは言えてしまうものでは価値がない。そのような意味で建築家のつくる建築作品においては、どちらかといえば芸術に近いものではないだろうか。
 
 科学が過去の成果を継承しながら発展していくのに対し、芸術は過去の成果を否定しながら発展してきた。別の言い方をするならば、科学は共有可能な客観性を必要とし、芸術は芸術家固有の主観性によるものであるともいえる。

 

建築に影響を与えるもの

 本書は、ジャンルで分類するならば「建築史」に含まれる書籍である。
 しかし単なる建築史の本という評価を超えて、「近代建築の教科書」とまで言われるのはそれが歴史的な事実を記述しているだけに終わらないからである。

 たとえば、ギーディオンは建築がどのように生まれるかについて次のように述べている、「建築はあらゆる種類の要素-社会的、経済的、科学的、技術的、民族的な諸要素-の産物である。近代の芸術作品では、その性格を決定する決め手になるのは、その構成における諸要素間の相互関係である。建築は様式や形態だけのことではないし、また社会的なあるいは経済的な条件だけで完全に決められるものではない。」

 建築史が、その時代とつくられた建築作品に関する事実を並べるのに対し、本書ではその時代になぜそのような建築作品がつくられたかについて述べる。
 ギーディオンは建築に影響を与えるものについて、構成的事実と過渡的事実という二つのものがあるという。
 構成的事実とは抑圧されていても、必ず再現してくるような傾向のものであるという。一九世紀における構成的事実とは「構造における新しい可能性」「工業における大量生産の使用」「変革した社会組織」などである。
 これとは別に一見華やかではあるが永続性をもっていないものを、過渡的事実と呼ぶ。ここにはいくらか否定的なニュアンスが含まれている。

 

本書の内容1 -ルネサンスから一九世紀まで-

 詳細な建築史は一五世紀の絵画における遠近法の発見からはじまる。
 ルネサンスの建築における進歩、ミケランジェロの建築、ダ・ヴィンチの地方計画、ルネサンス様式からバロック様式、なかでも後期バロックについて詳述される。さらに南ドイツ、イタリア、フランスなどの都市計画、とくに広場に関する考察を中心にすすめられる。

 つづいて工業化による一九世紀の変化、すなわち、鉄、鋳鉄、橋の構造、ガラス、骨組構造などについて述べられる。
 またアメリカの摩天楼、エレベータなどの新しい技術とともに、工業の発展について書かれる。そこではめざましい発展を続ける工業に対し、建築を含む芸術が遅れをとっているとギーディオンは主張する。

 建築家にして構造家であるアンリ・ラブルーストをとりあげつつ、マーケット・ホール、デパートメント・ストア、大博覧会や博覧会建築、エッフェル塔など、近代建築の特徴的なものについても整理する。
 一八九〇年代以降の考察では、現代建築とのつながりも示唆する。鉄筋コンクリートの出現、鉄骨構造などの工業面の考察、さらに建築家個人については、ヴィクトル・オルタ、ヘンドリック・ペートルス・ベルラーヘ、オットー・ワグナー、オーギュスト・ペレ、トニー・ガルニエの仕事を紹介する。
 つづいてアメリカの建築についても述べ、ここではルイス・サリヴァンとフランク・ロイド・ライトが登場する。

 ここまでで名前が挙がるヨーロッパの建築家は、構造に対し深い造詣と関心を持ったものたちが多い。また「構成的事実」としてあげる事柄も、一九世紀以降の工業の発展に関するものが多い。
 ここに一九二〇年代のコルビュジエの思想と共通するものを見ることができる。すなわち「工業の発達こそが建築を牽引していくのだ」という歴史観と理想像である。
 たとえばそこには才能をもった建築家が描いたデザインの美しさに対する考察などはない。
 ギーディオンは一九世紀末の建築は折衷主義が主流となってしまい見るべきものがないという。折衷主義とはつまるところ過去のものや既存のものを融合させただけで、新たに創造的なものを生みはしないということである。

 

書かれなかったこと

 一般的な建築史であれば一九世紀の後半の部分では、シャルル・ガルニエのパリのオペラ座やルドヴィコ・ジョアシム・ヴィスコンティのルーヴル宮新館に触れるところである。両方とも絢爛で豊潤な装飾に彩られた、当時を代表する建築である。しかしギーディオンはこれらについては語らない。
 ギーディオンが言及を避けているともとれる、一九世紀後半の建築とはどのようなものだったのか。

 当時、影響力のあった批評家にジョン・ラスキンという人物がいる。
 彼の主張は「装飾は建築の主要な部分をなす」というものだ。そのラスキンの教え子にあたるウィリアム・モリスはいわゆるアーツ・アンド・クラフト運動の中心的な人物となり、これはアール・ヌーヴォーへと繋がっていく。
 彼らは、芸術というのは作品から喜びを見い出すものであり、機械生産はその喜びを奪ってしまったと考えた。そこから手作りによる工芸へと回帰していくのである。 
 これらの考えが、ギーディオンの主張と真っ向からぶつかるものであることは明瞭である。

 アール・ヌーヴォー周辺に関する本書の記述は、当時のブリュッセル市が芸術家を招聘したという点を述べ、その中心人物であるヴィクトル・オルタにはページを割いてはいるものの、ギーディオンが述べる内容は工芸を礼賛するようなものではもちろんない。むしろそこで使われる表現には否定的な意味合いが見え隠れする。
 穿った見かたをすれば、アール・ヌーヴォーはブリュッセル政府の助力により可能となったものであり、自然発生的におきたものではないとも見てとれる。
 肯定的に述べられるのは複雑なデザインに対応可能なまでに発達した鉄の加工技術のほうである。

 

書きたかったのはあくまでも「近代」

 ギーディオンが取り上げている建築家のなかで、ヴィクトル・オルタを除く建築家に共通するキーワードとして、「近代」や「工業」というものがあげられる。

 ヘンドリック・ペートルス・ベルラーヘは「オランダ近代建築の父」とよばれる建築家だし、オットー・ワグナーは「芸術は必要にのみ従う」と、機能を重視する近代主義的な建築家である。
 さらにオーギュスト・ペレもトニー・ガルニエもコンクリートを建築へ持ち込むことに積極的だったという点で「工業」に近い建築家であるといえる。

 また当時のアメリカでは、ヨーロッパの古典様式を取り入れたアメリカン・ボザールという潮流があった。しかしその説明は省略され、中心的に述べられるのはバルーン構造やシカゴ構造とよばれる構造に関することがらである。
 ギーディオンが取り上げるアメリカの建築家も、ルイス・サリヴァンは「形式は機能に従う」という彼の有名な言葉がしめす通り、近代的な建築家であった。また、フランク・ロイド・ライトはそのサリヴァンの弟子ともいえる建築家である。

 逆に、アメリカの建築史に名を残す設計事務所であった、マッキム/ミード・アンド・ホワイトや、そこに所属した建築家たちは、フランス古典様式からの影響を受けていたせいか、本書では取り上げられていない。

 

なぜ「近代」のみを取り上げるのか

 ここまででわかることは、建築における「科学と芸術」という二項のうち、ギーディオンは科学、工業、構造といった側面に焦点を当てており、逆に美術や装飾、工芸といった側面には触れないか、触れていても否定的な書きかたをしている。
 前述したラスキンについても、彼がどのような存在か、あるいはどのような主張をおこなったかを説明することもなく、唐突に「新しい芸術的な可能性にブラインドを引下ろした」と手厳しい評価を下している。

 だからといって本書が公平な視点に欠け、建築史として偏っていると非難したいわけではない。
 ギーディオンが近代主義的なものを取り上げつつ、ここまで執拗に古典主義や装飾的な様式に対して批判的だったのには理由がある。 

 実際に現代建築に対する影響力をもち、いまにいたるまで生き残っているのはギーディオンが取り上げたような近代的で機械生産に肯定的な建築家たちである。逆に現代建築とよばれる作品のなかで古典様式風の装飾やアール・ヌーヴォーの影響を感じさせるようなものを見つけるのは難しいだろう。

 近代主義と古典主義との戦いは、現代から見てみれば近代主義の勝利である。それは歴史の必然のようにも思える。
 科学技術の進歩を止めることはできないし、人々が利便性を追求するのも自然なことである。そうである以上、新しい技術を取り入れ機能を重視する近代主義の勝利は当然の結果であるといえる。

 そのように考えると、本書においてギーディオンが見せる、古典主義を省略するような敵対心は本来は必要ではなかったはずだ。もっと余裕をもって、アール・ヌーヴォーやアメリカン・ボザールを、全面的にではなかったとしても評価してよかったはずだ。
 しかし、ギーディオンにはそれをすることができなかった。
 その理由は次の、「ジークフリード・ギーディオン「空間 時間 建築」 2/2」で明らかにしていきたい。 


【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)
ジークフリード・ギーディオン 『空間 時間 建築』 2/2
ルイ・ピエール・バルタール 『ボザール建築理論講義』


Sponsored Link