◆レム・コールハース 『錯乱のニューヨーク』
 

-言葉による都市デザイン-


 

建築に関する必読書のひとつ

 本書はレム・コールハースが一九七八年に書いた彼のデビュー作である。

 レム・コールハースは現在では世界的に有名な建築家だが、この本が書かれた当時はまだ何も建築作品を発表できていない無名の存在だった。
 本書はいまでは建築に関する書籍のなかでも名著としてあげられる。なかでも建築、とくに都市の建築を学ぶものにとっては必読書のひとつとされている。しかし出版当時の評価は決して高くはなく、ながらく絶版であった。

 内容としてはニューヨーク、とくにマンハッタンの建築群がどのように形成されていったかについて書かれている。
 しかし例えばそれが州や市の主導によるものであったとか、特定の建築家のコンセプトを取り入れたとか、そういった因果関係を整理するような書かれかたはされていない。

 

目次と文章のスタイル

 本書は序章、前史につづいて時代順に以下のように五部に分けられている。
第Ⅰ部 コニーアイランド―空想世界のテクノロジー
第Ⅱ部 ユートピアの二重の生活―摩天楼
第Ⅲ部 完璧さはどこまで完璧さでありうるか―ロックフェラー・センターの創造
第Ⅳ部 用心シロ!ダリとル・コルビュジエがニューヨークを征服する
第Ⅴ部 死シテノチ(ポストモルテム)

 各部の中身は短い文章からなる要素に分かれている。
 ひとつひとつの要素はそのほとんどが1ページないしは数ページで終わる文章量である。これらは基本的に内容に即して順序立てて並べられてはいるものの、読んでいるときの印象は決して滑らかなものではない。というのもそれぞれの文章の最初につけられたタイトルが特徴的だからである。

 通常、タイトルというものはその内容を端的にあらわすようにつけられることが多いが、本書の各タイトルは違っている。
 たとえばロックフェラー・センターについて書かれた第Ⅲ部の各文章のタイトルを順番に抜きだすと、「代理人」「球体1」「理論」「金」「球体2」「氷山」「分裂」「分裂症」「山の群れ」…と続く。

 タイトルだけでは一体なにが書かれているのか想像できないが、ここで書かれているのはロックフェラー・センターの建設に関わった建築家である、レイモンド・フッドの経歴とそれまでの彼の仕事に関する事柄である。決して抽象的な内容ではない。

 文章内には詩的な言いまわしや比喩も見られ、それらとタイトルとの関連を想起させられる。
 読者はレイモンド・フッドについての説明を読みながらも、数ページごとに「球体」や「氷山」や「分裂」などという別の場所に意識を飛ばされるのである。

 つまりタイトルとそこに書かれた内容との関連の予測が意識のすみに残ったまま読むことになるので、内容に不思議な奥行きが生まれる。結果的に意識のなかできょろきょろとよそ見をしながら読んでいるような状態に陥るのである。

 

都市を歩くように「読む」

 あえて象徴的なタイトルをつけ、読者の意識を散漫にさせることは、しかし都市について書くときにこれ以上ない適切な手法を採用したともいえる。なぜなら都市について説明しようとするとき、なにかひとつの面だけを説明すればよいというものではないからだ。

 また、都市はその発展の過程も直線的なものでもない。無数の要素が複雑に影響しあって都市が形成されていく。実際にその都市について知ろうと思えばさまざまな部分を見る必要がある。
 もちろんそのすべてを語ることは不可能である。レム・コールハースは本書においてその文体とタイトルで、語られることの裏にある、語られないものたちの存在を暗に示唆している。

 都市のなかを歩いているとき、ある建物郡の裏がどうなっているかを見ることができないように、あるいはまた脇に見えた路地の曲がったその先が見えないように、そのすべてを知ることはできない。
 周囲を見まわし見えない部分を想像しながら移動する、まさにそのさまをそのままパッケージしたかのような体裁を本書はとるのである。

 レム・コールハースは歴史家ではない。ニューヨークの歴史をただ伝えたかったわけではない。
 彼が目指したのは時間の流れも含めた紙面上での都市の建設というようなものではないだろうか。それも空想の都市ではなく史実をもとにした実際のマンハッタンをその形成過程も含めて自分なりにデザインしなおそうとしているように見える。

 具体的にはニューヨークを語るときに、なにをもって語るかという点にある。
 たとえば本書で扱ったのが、ダリとル・コルビュジエであった。しかし、そこはウォーホルとミース・ファン・デル・ローエでもよかったはずだ。
 ダリとル・コルビュジエを選択した、そこにレム・コールハースがデザインしようとしたニューヨークがある。

(http://ja.wikipedia.org/より)

(http://ja.wikipedia.org/より)

 

建築作品としての書物

 レム・コールハースの当時の状態を想像すると、なぜこのような本を書いたのか理解できるような気がする。
 彼は建築家としての仕事ができないときに、自分のフィールドであるニューヨークの成り立ちについて調査した。

 建築家の仕事のうえで重要なのはクライアントの要求を満たすことと同様に、その場所の環境や特性とどのように関わっていくかということである。
 仕事のないときに彼はいつか自分が大きな仕事をするときに備えて、その舞台となる都市について調査し、その結果を残そうとしたのではないか。それもただの調査報告としてではなく、建築家として自分の作品と呼べるようなものを残そうと試みたのではないだろうか。

 建築家は自分ののぞむものをのぞむときにつくれるわけではない。受注されなければ作品をつくることはできない。
 レム・コールハースは都市を設計するように取捨選択した要素を配置しながら本書を執筆した。
 マンハッタンの<過去から現在>を自分なりにデザインして一冊にまとようとした。そのとき、それはちょうど都市のなりたちと同様に多くの要素が絡み合った、風変わりな本となったのではないか。

 結果的に都市そのものを書籍化したような本書は建築にかかわる多くの人に影響を与えることになった。
 レム・コールハースの名が広まるにしたがって本書の評判も高くなっていった。

 しかし本書は一五年以上も絶版状態であった。
 レム・コールハースの建築家としての評価が高まっても、再版されるまでに時間がかかった。
 その間、建築を学ぶ学生たちは本書の内容をコピーしたものを、それも何度もコピーを重ねられたものを読むしかなかったという。
 彼が再版準備に取り掛からなかったのは実作に集中したかったためだという。

 本書の再版作業は建築の実作の片手間にできるようなものではなかった。
 レム・コールハースにとっては本書は単なる書籍ではなく自身の建築作品と同様の扱いだったのだろう。

【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)
レム・コールハース 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る… 』


Sponsored Link