◆レム・コールハース 『錯乱のニューヨーク』
 


建築に関する必読書

この本は1978年に書かれたレム・コールハースのデビュー作。

レム・コールハースは世界的に有名な建築家だが、当時は建築事務所を構えてはいたもののまだ何も作品を発表できていない無名の存在だった。この本はいまでは建築、とくに都市の建築を学ぶものにとって必読書のひとつとされている。しかし発行当時の評価は決して高くはなかった。

内容としてはニューヨーク、とくにマンハッタンの建築群がどのように形成されていったかについて書かれている。しかし、その過程が州や市の主導によるものであったとか、特定の建築家のコンセプトを取り入れたとか、そういった具体的な内容にはなっていない。

錯乱している文章

目次を見ると、序章、前史につづいて時代順に以下のように五部に分けられている。

第Ⅰ部 コニーアイランド―空想世界のテクノロジー
第Ⅱ部 ユートピアの二重の生活―摩天楼
第Ⅲ部 完璧さはどこまで完璧さでありうるか―ロックフェラー・センターの創造
第Ⅳ部 用心シロ!ダリとル・コルビュジエがニューヨークを征服する
第Ⅴ部 死シテノチ(ポストモルテム)

各部の中身は短い文章によって構成されており、そのほとんどが1ページないしは数ページで終わる分量だ。これらは基本的に内容に即して順序立てて並べられてはいるが、読んでいるときの印象は決して滑らかなものではない。というのも、それぞれの文章の最初につけられたタイトルが特徴的だからだ。

通常、タイトルはその内容を端的にあらわすようにつけられる。しかしこの本の場合はそうではない。たとえばロックフェラー・センターについて書いてある、第Ⅲ部の各文章のタイトルを順番に抜きだしてみよう。
「代理人」「球体1」「理論」「金」「球体2」「氷山」「分裂」「分裂症」「山の群れ」…と続く。

ロックフェラー・センター
(https://ja.wikipedia.orgより)

タイトルだけではロックフェラー・センターについて、何がなにが書かれているのか想像できない。じつは、ここで書かれているのはロックフェラー・センターの建設に関わった建築家、レイモンド・フッドの経歴とそれまでの彼の仕事に関する事柄なのだ。

文章内には詩的な言い回しや比喩もあり、それらとタイトルとの関係性につい気をとられる。読者はレイモンド・フッドについての説明を読みながらも、数ページごとに「球体」や「氷山」や「分裂」というまったく異なるものを意識させられる。具体的な説明と違和を残しながらも関連しているタイトルの連続により、内容に不思議な奥行きが生まれている。それはまさに「錯乱している」と言えるかもしれない。

建築作品としての書物

レム・コールハースは当時、建築家としての大きな仕事ができていなかった。自由に使える時間のなかで、自分のフィールドであるニューヨークの成り立ちについて調査したかったのではないか。建築家は自分が望むものを望むときにつくれるわけではない。施主やクライアントが存在しなければ作品をつくることはできない。レム・コールハースは都市を設計するかのように、取捨選択した要素を配置しながら本書を執筆した。

マンハッタンの過去から現在を自分なりにデザインして一冊にまとめた。それはちょうど都市のなりたちと同様に多くの要素が絡み合った風変わりな本となった。レム・コールハースの名が広まるにしたがって本の評判も高くなり、この本は建築にかかわる人に多くの影響を与えた。

しかし本書は15年以上も絶版状態であった。レム・コールハースの建築家としての評価が高まっても、再版されるまでに時間がかかった。その間、建築を学ぶ学生たちは、コピーにコピーを重ねたものを読むしかなかったという。
彼が再版準備に取り掛かれなかったのは実作に集中したかったためだという。レム・コールハースにとっては本書は単なる書籍ではなく自身の建築作品と同様の扱いだったのだろう。

【関連】
レム・コールハース 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る… 』


Sponsored Link