◆モホリ=ナギ 『材料から建築へ』
 

-バウハウスの授業-


 

有名なバウハウスは短命に終わった

 バウハウスは一九一九年にドイツに設立された教育機関である。その歴史は知名度と比較すると短い。設立からわずか一四年後の一九三三年に閉校される。閉校の理由は当時のナチス政府による決定によるものであった。
 一四年間という短い期間ではあったが建築史に残した足跡の大きさでいうならば、他に類をみない教育機関であったといえる。「バウハウス」という名称には、単なる学校名には収まらない、建築におけるカテゴリーとしても適用可能なほどの大きさをもつ。
 なぜこれほどまでにバウハウスは強い印象を残すことができたのか。

 

バウハウス=近代建築の図式

 ひとつにはヴァルター・グロピウスの設計による校舎自体が近代建築を代表する作品であるということが言える。デッサウにあるこの校舎は近代建築を振り返るときに、バウハウスの名称とともに必ず参照される作品である。
 近代というイメージを具現化したかのようなデザイン、ガラスとコンクリートという近代の代名詞ともいえる素材を使用した外観、さらにその作品の用途がまさに建築の学舎としてあるという象徴的な作品である。
 そもそもバウハウスとはドイツ語で「建築の家」を意味している。さらには設計したグロピウス自身がバウハウスの初代校長でもあり、言及することに事欠かない

 

バウハウスは短命だったからこそ生き残った

 もうひとつ、バウハウスが建築史に大きな名を残す要因になったことをあげるならば、まさにそれが一四年間という短い期間であったから、ということが言える。

 建築史においては時代とともに様式が変化していく。仮にバウハウスがながい年月にわたって存続していたならば、新たな様式をそこに組み入れる必要があったはずだ。
 それは、デッサウの校舎を改築するとか、授業のカリキュラムを変更するといった具体的な意味で言っているのではない。そうではなく、バウハウスという名称そのものがもたらすイメージに別の要素が含まれてしまっていたに違いないということだ。
 バウハウスは一四年間という短い期間で閉校したことによって、まさに「近代建築の結晶」として凝固したと言える。ナチスの方針を賛美するつもりはないが、結果的にその活動期間が「近代主義建築の中心」の時期と一致していたことが、これほどまでに強烈な印象を残すことに繋がったのは間違いない。

 

バウハウスの教育者 モホリ=ナギ

 具体的にバウハウスではどのような教育が行われていたのか。本書を読むとその教育の一部を垣間見ることができる。
 著者であるモホリ=ナギは自身が写真やコラージュなどの作品を制作する美術家でもある。本書のなかにも彼の作品がいくつも載っている。
 しかし一般的にはモホリ=ナギは、美術家としてよりも、「バウハウスの教育者」または「バウハウス関連の書籍の著者」としての認知度のほうが高いように思える。
 モホリ=ナギはグロピウスからの招聘で一九二三年からバウハウスで教鞭をとる。ハンガリー生まれのユダヤ人であった彼は、ナチスの台頭とともにドイツを去り、アメリカに亡命する。

 

材料の質感と量感

 『材料から建築へ』というタイトルからもわかるように、本書は作品の素材となる「材料」について書かている。
 その素材が「感覚」へもたらす印象について書かれているのだが、バウハウスではこのような内容の講義を、予備課程のなかでおこなっていた。予備課程とは建築という専門分野の前に用意されたカリキュラムであり、モホリはこの予備課程の担当であった。
 学生達はさまざまな材料を使用して、小さな模型作品を制作する。それは抽象的な彫刻作品ともいえるものだが、本書にはこれらの学生の作品がサンプルとして多数、載っている。

 本書では「材料」にかんして、その質感とともに量感についても書かれている。
 前者が作品の表面にかんするものであり、後者はその内部を含めた全体にかんするものである。この両者にはちょうど「絵画」と「彫塑」とを当てはめることが可能である。
 さまざまな写真を用いながら、「絵画」と「彫塑」についての考察がなされる。これは建築以前に、美術全般にまつわる基礎的な教育としてある。

 

すべての人間が才能をもつ

 モホリは「すべての人間が才能をもつ」と考えたことで有名である。その才能を開花させられるか否かの違いはあるが、才能はすべての人にあると考えたのである。そこにモホリの、美術を教えるという姿勢の前向きさを見ることができる。
 決して、生まれ持った才能だけで決まるものではない。だからこそモホリは美術そのものを説明可能な状態にまで丹念に分析し、学生たちに伝えようとした。本書においてもとくに「彫塑」の分析は丁寧かつ論理的に整理されており、非常に優れたものであるといえる。

 
 

「空間」-建築-

 「絵画」「彫塑」につづいて「空間」がとりあげられる。
 ここでは建築と彫刻の違いについて語られる。「彫刻はつねに閉ざされている」とモホリ=ナギは語る。それに対して「建築が開かれている」かというと、そのような単純な対比では終わらない。

 開かれるというとき、それは「内と外、上と下の同時的貫通における空間的な流入、流出関係や材料に潜在しているエネルギー関係というしばしば目には見えない作用に基づいている」という。
 つまり「開かれている」というときに、それは計量できない目にも見えない空間となるというのだ。そのような空間を人間が手に入れたということを宣言し、本書は締められる。
 それが建築だと言われても、率直にいって理解することは難しい。

 
 

モホリにとって建築は専門外

 モホリが語っているのは建築は彫刻と異なり、中に入ることができるということだ。さらに内部で上下の階差を設けることで上にあがったり下にさがったりもできる。そのように空間が広がっていくことで、そこから発生するさまざまな効果があらわれる。
 たとえば、どこに入り口をつくるか、入った先の空間をどのように区切るか、その際、壁や天井にどのような素材を使い、どのような質感に仕上げるか、などと考えていくと彫塑のときとは異なり、分析し整理することは困難になる。
 つまり建築のように開かれたものは、あまりに可能性が多すぎて計量することも定義することもできないものになってしまうというのだ。
 モホリが建築について語るとき、絵画や彫塑について語るときの鋭さはない。

 
 

バウハウスでの教育

 モホリ=ナギは同じシリーズであるバウハウス叢書から『絵画・写真・映画』という書籍も出している。ここには建築についてはまったく書かれていない。
 バウハウスにおけるモホリの仕事は予備課程の講義であった。モホリは彼の名を代表するような建築作品を残していない。というのも、そもそも彼は建築家ではない。
 建築について、「空間」という観点で語ろうとするときに限界があるのは仕方のないことかもしれない。

 建築書としては、その最後の「空間」についての部分において、やや物足りなさが残る。
 それ以前の部分である「絵画」「彫塑」については、バウハウスにおいて基礎的な教養として身につけておくべきことがどのようなものであったのかを知るのに絶好の資料である。
 本書のいちばんの魅力はやはりそこにある。本書を読むことで、近代建築を象徴するバウハウスの教育、その一部を垣間見ることができる。


【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)
ヴァルター・グロピウス 『建築はどうあるべきか』


Sponsored Link