◆藤本康雄 『ヴィラール・ド・オヌクールの画帖』
 

-謎だらけの建築書について-


 

歴史的な建築書『画帖』

 ヴィラール・ド・オヌクールの『画帖』は世界で二番目に古い建築書といわれている。
 描かれたのは十三世紀頃と考えられている。

 最も古い建築書はウィトルーウィウスの『建築書』
 これは紀元前に書かれたものだといわれている。

 三番目に古いとされているのはレオン・バティスタ・アルベルティの『建築論』
 これは十五世紀の半ば頃の執筆ではないかとされている。

 『建築書』、『建築論』と異なり、『画帖』には”原書の日本語版”というものが一般には流通していない。
 というのも、この『画帖』はその名が示すように、絵がメインで文章が中心のものではない。
 そのため単純に文章を日本語に訳せばよいというものではない。

 画集のようなかたちであれば可能かもしれないが、絵のなかに書かれた文章があるために、やはりその説明文が必要となる。
 そもそもにおいて、全六十六ページという分量が一冊の本にするにはやや少なすぎると言わざるを得ない。

『画帖』におけるランス大聖堂内観図 (http://db.10plus1.jpより)

『画帖』におけるランス大聖堂内観図
(http://db.10plus1.jpより)

 

『画帖』の解説書

 本書、藤本康雄の『ヴィラール・ド・オヌクールの画帖』は、ヴィラールの『画帖』についての解説書ということになる。

 『画帖』がつくられるまでとその後について、さらに『画帖』の全ページについて、図版付きで内容の解説が書かれている。

 まずヴィラールの『画帖』の基本的な情報として、綴じられた三十三枚の羊皮紙からなる手書きの本ということがある。
 現在はパリの国立図書館に保存されている。

 三十三枚の羊皮紙の表裏六十六面に、さまざまな図柄が描かれ、その周辺には随所に文字が書き記されている。
 描かれている図柄は、人物、動物、建物の平面、立面、家具、道具、機械装置などである。

 現代の感覚でいう”建築書”とは大きくおもむきが異なるかもしれない。
 それは当時の建築家があつかう分野が広大であったことの証しであるともいえる。
 中世の宗教画の下絵のように見える図柄も多い。
 キリストや聖者をモチーフにした図柄などは、建物を建てるという意味においての”建築”とは関係の浅いものにも感じる。

 もちろん”建築書”として重要なページも数多くある。
 聖堂の平面図や飾り窓のデザイン、大聖堂のファサードのスケッチ、屋根を支える組み構造の図柄などがそうである。

 また、作者のヴィラール自身が建築家としていくつかの建築作品に携わっていたとも考えられており、当時の建築家によって描かれたという点においても”建築書”と呼ぶべきかもしれない。

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link