◆レイナー・バンハム 『第一機械時代の理論とデザイン』
 

-鋭い嗅覚による時代の切り分け-

「第一機械時代」とはどんな時代をさすのか

近代建築黎明期の建築史で本書を超える書籍はないかもしれない。

タイトルにある「第一機械時代」とはなにか。

著者のレイナー・バンハムは第一機械時代というのを産業革命による機械化から自動車の登場あたりまでの時代としている。

そのうえで執筆時点の1950年代後半を、生活に大きな変化をもたらす数々の家庭電化が登場した「第二機械時代」と定義している。

西暦でいうと第一機械時代とは1920年代あたりまでのことになる。

このころ機械の影響によって建築に関する理論とデザインに変化がではじめた。

建築史でいうとちょうど近代建築の誕生にあたる。

本書の大きな特徴としてあげられるのは、建築史において重要な「文献」を時代順に観察するという形式がとられていることだ。

近代前夜からの建築史を記述するにあたり、その時代の中心的な理論や代表する建築家によって書かれた文章を参照しながらすすめられる。

その文章を書いた人物がどこから影響を受けたのか、またその文章によってどのような影響をもたらしたのかということを説明していく。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

Sponsored Link