◆槇文彦他 『見えがくれする都市』
 

-都市論のもつ乱暴さと、地域論としての丁寧さ-

 

都市についての重要書籍

 都市論の書籍のなかでも名著として評価の高い、重要な一冊である。
 
 都市といっても、高層ビルが立ち並ぶような状況のことではなく、ここでは人口がある程度密集した地域での住宅環境についてを研究の対象としている。

 そのような意味合いでの「都市」について、道路(街道、横道、わき道)の生成や、地形の影響、住人が所有した土地でどのように住居を配置するか、日本人の古来からの空間に対する認識についてなどが考察される。

 本書には、はじめに「序・この本が出来るまで」という序論がある。それにつづいて収録されている論文が全部で五本あり、タイトルと執筆者は以下の通りである。
 『都市をみる』 槇文彦
 『道の構図』 高谷時彦
 『微地形と場所性』 若月幸敏
 『まちの表層』 大野秀敏
 『奥の思想』 槇文彦 

 

書いたのは槇総合計画事務所

 書籍自体の著者は槇文彦他となっている。

槙文彦
(https://ja.wikipedia.org)

 収録されている論文のうち槇自身が書いたものが『都市をみる』『奥の思想』の二本で、それ以外は当時、槇総合計画事務所に在籍していた人物が書いている。

 本書の冒頭に収録された『序・この本が出来るまで』によると、そもそもは財団法人から「都市環境について自由にテーマを選んで研究してほしい」という依頼が槇のもとにとどいたのが本書のきっかけとなる。
 依頼に対して槇総合計画事務所が応えるかたちで論文が書かれ、それを読みやすいかたちに改めたのが本書である。

 最初の『都市をみる』のなかでは、都市についての考察にかんしての基本的な考え方が述べられる。ここではケヴィン・リンチなどのこれまでの都市研究の概略が述べられ、それに対し本書の他の論文の意義が説明される。

 本書では東京を研究の対象としている。それは江戸からつづく都市形成の経緯や、また日本人の土地、山などに対する信仰などの内面的な部分にまで及ぶ。
 以下、それぞれの論文について概観してみる。

Pages: 1 2 3 4 5 6

Sponsored Link