◆ ル・コルビュジエ/ポール・オトレ 『ムンダネウム』
 

-幻の世界都市、ムンダネウム-

ムンダネウムとは何か?

本書の元になっている原書は一九二八年八月に刊行されている。
訳者によると、「原書は発行部数のごく限られた刊行物だったため、今日までその存在をほとんど知られてこなかった」とある。

タイトルにあるムンダネウムとは一九二〇年代の後半にあった巨大プロジェクトのことである。
このプロジェクトでは美術館、図書館、大学などを含む複合的な知の施設を建設しようとした。

結果的にはこのプロジェクトは未完成のまま終わっている。
プロジェクトの中心となったのはポール・オトレというベルギーの人物である。
彼からの依頼で、ル・コルビュジエとその従兄弟であるピエール・ジャンヌレが設計に関わっている。

コルビュジエはジュネーヴを舞台に設計案を制作した。
このジュネーヴの設計も含め、ムンダネウムは未完のプロジェクトであり、その舞台は世界各地に移動され、その間に設計者も変更されている。
つまり、コルビュジエ以外にもこのプロジェクトのために設計案を制作した建築家が複数名いる。
本書では、そのなかでももっとも完成度の高い、コルビュジエのもののみを取り上げている。

Mundaneum (http://www.fondationlecorbusier.fr)

Mundaneum
(http://www.fondationlecorbusier.fr)

本書は大きく二部に分かれている。
前半部分にポール・オトレによる『ムンダネウム概要』、後半部分にル・コルビュジエによる『建築プロジェクト』がある。

ムンダネウムはコルビュジエが関わったプロジェクトのひとつとして人びとに記憶されているが、本書を読むと、ムンダネウムの基本概念はポール・オトレによるものであることがわかる。
コルビュジエは、あくまでも設計者としての関わっただけである。

それでは、このポール・オトレとはどのような人物なのだろうか。

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link