◆ ミース・ファン・デル・ローエ 『建築家の講義』
 

-ミース・ファン・デル・ローエの言葉-

寡黙な近代建築家、ミース

 ミース・ファン・デル・ローエはル・コルビュジエフランク・ロイド・ライトと並んで、近代建築の巨匠とよばれる建築家だ。
 本書は1955年から1964年までのミースのインタビューをまとめた内容になっている。

 ミースには、日本語に訳された、本人による文章がほとんどない。
 そういう意味では本書の内容はミース自身の語った内容が読める貴重なものである。
 コルビュジエの雄弁さに比較すると、その寡黙さは対照的である。

ミースのドイツ、オランダ時代

 ミースはドイツ出身の建築家である。
 まず最初に影響を受けた建築家がシンケルだという。
 「若くしてベルリンに移り住んで、周りを見渡した際、シンケルに興味をもった」
 「彼の建築は、古典主義の優れた実例だった。」
 と彼は言う。
  カルル・フリードリッヒ・シンケルはミースよりも一〇〇年ほど前に活躍した古典主義の作風で知られる建築家だ。

シンケル設計のベルリン・旧博物館(https://ja.wikipedia.orgより)

シンケル設計のベルリン・旧博物館(https://ja.wikipedia.orgより)

 その後、ミースはペーター・ベーレンスの建築事務所で働くことになる。
 ミースの初期には古典的伝統からの断絶が起きている。

 この断絶はベーレンスの影響であることをミースは語っている。
 「オランダでは、私はヘンドリック・ぺトルス・ベラルーヘの作品を見て、丹念に調べていた。」
 「彼の本を通して、建築は建設でなければならない、しかも明快な建設でなければならないという主張を読んだ。」

 ちなみに、このベーレンスの事務所では、コルビュジエやグロピウスも一時期、在籍していた。

Pages: 1 2 3 4
Comments:
  • […] I found this blog when I searched for some critics about Guggenheim NY. I went to there on last Saturday. It was nice. Guggenheim NY seems to be designed with simple concept. As we can guess from its facade, whole space was designed like a way. In th […]

    8月 16, 2016 — 13:07

  • Sponsored Link