◆ヴィンセント・スカーリー 『アメリカの建築とアーバニズム(上)』
 

-アメリカの建築史を概観する-


 

アメリカ建築のはじまり

 本書ではアメリカの建築にかんする事柄が網羅的にまとめられている。
 
 タイトルにあるアーバニズムとは都市をどのようにつくっていくかという方針にかんすることだ。
 つまり本書は都市計画も含めたアメリカの建築全体について書かれている。

 はじめにアメリカ先住民、とくに西南部のインディアンの建築から考察される。
 ここでは日乾れんがで建築する聖堂と教会が紹介されている。

断崖に建てられた日乾レンガの建築群 アナサジ族のメサ・ヴェルデ (https://ja.wikipedia.org)

断崖に建てられた日乾レンガの建築群
アナサジ族のメサ・ヴェルデ
(https://ja.wikipedia.org)

 さらにヨーロッパからの移住者たちによる住宅の考察がある。
 イギリスのピューリタン的な影響をうけつつも、アメリカの厳しい自然環境に合わせて建築が変化していくさまが書かれる。

 この頃の都市計画としては、植民地という政治的な要素が強い影響をおよぼし、グリッド・プランと呼ばれる正方形で区切られた街づくりという特徴がある。

 大型の建築、住居、都市計画という大まかな書き分けをしながら、時代順にアメリカの建築が語られていく。

 著者のヴィンセント・スカーリーは序において、この書物は「批評的な論文を意図したものであって、厳密な編年史を意図したものではない」と書いている。

 しかし本書は、時代順にアメリカの建築の動きが書かれているという意味では編年史的である。
 逆に”批評的”というには、やや踏み込みが浅いようにも思える。

Pages: 1 2 3 4 5 6

Sponsored Link