◆カミロ・ジッテ 『広場の造形』
 

-現代の規律性への批判-


 

一世紀以上前の本

 一九〇一年に書かれた本である。
 著者は都市についての考察で著名なカミロ・ジッテ。

 本書では中世ヨーロッパの広場についての考察が中心となる。
 ヨーロッパの教会などの歴史的建築物の前にひろがる広場を思い浮かべてもらうとよいと思う。

 そのような建築物が道路に面して建てられているところはあまり見かけない。
 逆に、いまでは公園などを除いて、大きな広場というものをあえてつくることはしない。
 とくに日本ではある程度の人口がある地域で、敷地に何も建てずにそのままにしておくということはまず考えられない。

 本書には現在の都市計画について批判的に指摘している点がいくつかある。
 現在といってもいまから一〇〇年以上も前の時点のことではあるが、この指摘にはいまでも通じるものがある。

 批判されているのは、都市計画というものがあまりに機械的で正確な計画をしようとするあまり、芸術や美と乖離してしまっている点についてである。

サン・ピエトロ広場 (http://ja.wikipedia.org)

サン・ピエトロ広場
(http://ja.wikipedia.org)

 都市、市街という人が集まるところは、かつてはそのようなものではなかった。
 中世やルネサンス期の都市は芸術や美と密接に結びついていた。
 現在と過去との違いの大きさをあらわす象徴として本書では広場に注目してについて考察する。

 中世の広場という、執筆時点でも十分に過去のモチーフを扱っているにもかかわらず、本書は出版直後から大きな反響を呼んだ。

 さらに一〇〇年以上経過している現在においてもカミロ・ジッテの都市論はさまざまな建築書で言及されている。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

Sponsored Link