◆L・B・アルベルティ 『建築論』1/2
 

-<科学と芸術>以前の建築-


 

建築史上三番目に古い本

 ヨーロッパの建築史でもっとも古い建築書はウィトルーウィウスの『建築書』といわれている。これは紀元前にローマで書かれたものだとされている。
 その次に古いものとして十三世紀のフランスで活躍したヴィラール・ド・オヌクールの『画帖』がある。本書はこの二作についで古いとされる建築書の古典である。

 著者のレオン・バティスタ・アルベルティはルネサンス期のいわゆる万能の人である。
 執筆されたのは十五世紀の半ばごろだと考えられている。

 本書は十六世紀以降、ヨーロッパの建築界に大きな影響を与えつづけた。

 アルベルティは建築家としても作品を残している。また『建築論』以外の著作でも、有名なものとして『絵画論』、『彫刻論』などを残している。

 本書は全十書から構成されている。
 第五書までと第六書のあいだで執筆の中断があったのではないかともいわれている。

 全体として連続性が明確にあるわけではないが、かといって個別の内容が順序に関係なく書かれているということでもない。
 同じ内容について繰り返し書かれている部分もある。

レオン・バッティスタ・アルベルティ (https://it.wikipedia.org)

レオン・バッティスタ・アルベルティ
(https://it.wikipedia.org)

 この十書という構成はウィトルーウィウスの『建築書』からの影響と考えてよいと思われる。
 当時、アルベルティが建築に関する書物として参考にできたものはウィトルーウィウスの『建築書』しかなかった。
 本書は構成だけでなく内容的にもウィトルーウィウスの影響を強く受けている。

Pages: 1 2 3 4 5 6

Sponsored Link