◆E・ハワード 『明日の田園都市』
 

-妄想中年の意地-

エベネザー・ハワードとは何ものか

信じ難い本だ。書かれたのは1898年、いまから100年以上前だ。

この本は都市計画の分野において大きな影響を与えた。
東京の田園調布をつくる際にも参考にされたといえば、その影響力の大きさがわかるだろうか。

信じ難い本というのは著者であるエベネザー・ハワードについて調べていくうちに強く感じるようになった。

まず『明日の田園都市』について調べると、「E・ハワードによって書かれた都市計画に関する本」という情報、さらにそれがいかに大きな影響を与えたかという点について、そこまでは簡単に見つけることができる。

では著者であるE・ハワードとはどのような人物なのかと調べると、『明日の田園都市』を書いた都市計画家という説明が見つかる。
しかし彼がどこで建築を学んだのか、建築や都市計画に関してどのようなキャリアを経たのか、そういったことは一切わからない。

というのもハワードが本書を執筆しているとき、彼の職業は議会の速記者であった。

この「議会の速記者」という職種はとくに重要ではない。
注目すべきなのは彼が執筆時点で、それまで都市計画に携わるような職業には就いたことが一度もなかったということだ。

ではなぜハワードはこのような書籍を執筆したのか。

調べていくと、『LookingBackward』という小説を読んだからだということがわかる。

この小説は1888年にエドワード・ベラミーという社会主義的な思想をもつ作家が書いたユートピア小説だ。

つまり『明日の田園都市』とは専門家でもなんでもないド素人が書いた本であり、それも一冊の小説を読んで感銘をうけたことで書かれた本なのだ。

それが世界中の都市計画に影響を与え、現実に本書の内容に即した都市がいくつもつくられている。

もちろんこのようなことが簡単に実現したわけではない。

ハワードが最初に書いた、本書のもとになった文章は出版社に持ち込んでみたものの相手にされなかった。

また雑誌に寄稿してもやはり掲載されることはなかった。

これは考えてみれば当然のことで、いつの時代も、どこの誰だかわからないものが書いた文章など簡単には相手にしてもらえない。

そこでハワードがとった行動は自費出版というある意味、常套的な手段であった。
しかし当時のハワードは一介の速記者にすぎず、経済的に余裕があったわけではない。

彼は友人から50ポンドの金を借りて、本書のもとになった本を300部限定で出版する。
小説の影響で書いた自論の自費出版のために友人から借金をする、この時点でやや常軌を逸しているように思えてならない。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8

Sponsored Link