◆フランク・ロイド・ライト 『フランク・ロイド・ライトの現代建築講義』
 

-暗黒時代の巨匠の言葉、あるいは人間ライトの影-


 

フランク・ロイド・ライトの初の著作集

 本書はアメリカを代表する建築家である、フランク・ロイド・ライトのはじめての著作集である。
 出版されたのは一九三〇年。
 なお、本書は二〇〇八年に復刊されたものの翻訳である
 カーン記念講演という、六回にわたって行われた講演で話した内容が元になっている。

帝国ホテル (https://ja.wikipedia.org)

帝国ホテル
(https://ja.wikipedia.org)

 本書の最初に、ニール・レヴァインによる解題が約五〇ページにわたって収められており、ライトの記念講演までのいきさつがかなり詳細に書かれている。

 

ライト、暗黒時代

 解題によると、当初はこの講演にはライトではなく、J・J・P・アルトを招聘しようとしていたようだ。
 しかしアルトの体調不良などで予定があわなかったためにライトが呼ばれた。

 一九三〇年当時のライトは不遇の時代であった。
 ライトは一八九〇年代から一九一〇年以前までは住宅建築で評価を高めていた。
 しかし施主の妻との不倫、駆け落ち騒動によりその評判を落とした。
 数年間、海外で過ごしたのちに帰国したが、その名声が元に戻るのにはさらに時間が必要だった。
 施主の妻と不倫するような建築家に住宅設計を依頼するものが多くいるはずもなく、仕事は激減していた。

 ライトはその後、一九三六年に彼の代表作となる、落水荘をつくるまで、その評価は落ちたままであった。

 つまり、一九三〇年というのはライトにとって、その名声を落としてから二〇年近く経過しており、いまだ復活のきざしも見えない、もっとも地に落ちていた時期だったといえる。

Pages: 1 2 3 4

Sponsored Link