◆ジークフリード・ギーディオン 『空間 時間 建築』 2/2
 

-近代建築の教科書とよばれる理由- 2/2


 

本書の内容2 -立体派、未来派、表現派-

 ギーディオンの「近代建築史」はつづく。
 まずはパリにおける立体派という運動についての説明がある。絵画技法のキュービズムを含め、これらが空間の認識に影響を与えたという。空間の特徴は、それを見るものの観点によって変わり、空間の本質を把握するには観察者はその中に自己を投入しなければならない、と語る。

 さらに未来派と呼ばれる運動ついても述べられる。立体派が空間の概念に関連したものであり、未来派は時間の概念に関連したものであると。これらはともに視覚の拡張である。
 つづいて橋梁の構造について、ロベール・マイヤールの功績を中心に述べられる。

 ヴァルター・グロピウスとバウハウスに関しても詳細に語られる。
 ここでは当時のドイツがどのような状況であったかを説明するために表現派についても述べられている。
 表現派とは絵画や彫刻、音楽、文学なども含めた表現主義とよばれる潮流のなかにおける建築の動向をあらわす名称である。西洋の近代建築史において、その扱いは決して大きくはないかもしれないが、避けては通れない運動のひとつである。
 しかしギーディオンは「表現派の影響は、建築に対していかなる貢献をもなしとげることができなかった。」と容赦がない。
 表現派の代表的な建築のひとつにエリッヒ・メンデルゾーンが設計したアインシュタイン塔という作品がある。その特徴は曲面を多様した、うねるような造形にある。一般的な建築史では表現派の説明とともに取り上げられる作品だが、それについても本書では名前があがることはない。おそらくそのアインシュタイン塔について述べていると思われる箇所で「くらげのようなぐにゃぐにゃしたコンクリートの塔を建てたりしていた」と批判的な記述をされるだけにとどまる。

 造形的な「デザイン」を重視した表現派に対する厳しい扱いとは対照的に、「工業」と密接にリンクしていたバウハウスは肯定的に扱われる。
 バウハウスの関しては「建築を媒介として、芸術と工業、芸術と日常生活とを結びつけようとする努力が払われた」と述べ、グロピウスのアメリカでの活動や、教育者としての功績を紹介する。

アインシュタイン塔(http://ja.wikipedia.org/より)

アインシュタイン塔(http://ja.wikipedia.org/より)

 

本書の内容3 -ル・コルビュジエ-

 つづいてル・コルビュジエの頁がはじまる。
 まず、コルビュジエと近代絵画との関係を述べたあとで、いわゆる「近代建築の五原則」について説明する。さらにその五原則を盛り込んだコルビュジエの代表作でもあるサヴォア邸の解説をおこなう。

 つづいて国際連盟設計競技について語られる。
 これは一九二七年に起きた、ジュネーブに建設予定の国際連盟本部庁舎の設計競技に関する「事件」についてである。
 設計競技とは設計案を募集し、そのなかでもっともすぐれた計画を選出し採用するというものである。大きなプロジェクトでは有名無名の複数の建築家が設計案を競いあう。そこで選ばれ実際に建築物が完成すればそれが建築家にとっての作品となるのである。

 国際連盟設計競技では応募案三七七点のなかで、コルビュジエと彼のいとこであるピエール・ジャンヌレによる計画案がもっとも好評であった。
 しかし審査委員のひとりが規定違反を理由にこれを退けた。規定違反とは提出図面がインクではなく青焼きのコピーであったという点である。ギーディオンは「彼の案を拒否したのはフランスの政治的陰謀であった」と語る。この件については本書のCIAM結成のところで後述される。

 コルビュジエについての考察はつづけられる。救世軍会館、スイス学生寮、ユニテ・ダビタシオンなどの代表作品の解説、さらに近しい間柄であったがゆえに見えるその人物像にも触れ、ラ・トゥーレットのサント・マリー修道院についても詳細に解説する。

 コルビュジエのパートの最後でギーディオンは次のように語る、「建築はまったく機械的な発展を追及してゆくだろうか」と、それとも「人間的要求の連続性に対応してゆくのだろうか」と。この人間的要求とは、人間と自然とを結びつけることであり、しかも常に各時代の新しく発明された技術的可能性によって、それを成就することである、と。

 

本書の内容4 -近代を代表する建築家たち-

 つぎにギーディオンはミース・ファン・デル・ローエについて述べる。
 ここでは田園住宅、ワイセンホーフ集団住宅地、イリノイ工科大学、さらに高層アパートや事務所建築など代表作を網羅している。

 さらにアルヴァ・アアルトについても述べられている。ギーディオンはとくにパイオミのサナトリウムに高い評価を与えている。
 ギーディオンは現代建築の興隆の中心的な作品として次のを三点をあげている。それは、グロピウスによるデッサウのバウハウス、コルビュジエによるジュネーブの国際連盟本部庁舎案、そしてもうひとつが、アアルトのサナトリウムだという。

 最後に取り上げる建築家はヨーン・ウッツォンである。ウッツォンはシドニーのオペラハウスが代表作の建築家であり、ここで中心的に語られるのもオペラハウスについてである。執筆時点ではオペラハウスは完成していない。ウッツォンは一九五七年のオペラハウスの設計競技で1等賞を獲得している。
 本書の一九四一年の初版では当然、この部分は書かれていなく、増補改訂版で加筆された。

 

本書の内容5 -CIAMと国際連盟本部庁舎-

 近代建築を代表する建築家を論じた後で、再びCIAMについて語られる。
 ここでまず、先ほどのジュネーブの国際連盟本部庁舎設計競技の「事件」が出る。

 ギーディオンは次のように述べている「ル・コルビュジエは、その提案があらゆる点で他の公募案よりも優れていたので、公正の原則によって1等賞と判定されていた。パリのアカデミー・ド・ボーザール(芸術院)のある教授の陰謀術策によって、国際連盟で最も影響力のある政治家だったアリスティド・ブリアンはアカデミー様式の建物しか受容しないと宣言したのである。こうして1等賞はル・コルビュジエに与えられず、現代建築に対して障壁が下ろされた。」と。
 このようなことが繰り返されるのを防ぐために近代主義の建築家の連帯がはじまったのである。

 ギーディオンはCIAMにおいて、その発足から実質的な解散までの間、書記長を務めたことはすでに書いた。
 CIAMがそもそも発足したのは、コルビュジエが国際連盟本部庁舎の設計競技で負けたことに端を発している。それも作品の優劣で負けたわけではなく、権力者による妨害に近いかたちでの負けであった。

 この設計競技がおこなわれたのが一九二七年であり、CIAMの発足が翌年の一九二八年である。
現代では、近代建築を代表するコルビュジエだが、そんな彼でも設計競技に勝てない時代であった。というよりもギーディオンの言葉を借りるならば「ル・コルビュジエの生涯に流れている悲劇的な調べは、妨害の調べ」であり、妨害され、自分が提案したものを横取りされ、他人の成果として結実していくのを見ていなければならなかった。どうしてこのようなことが起きるのか。
 それは先に引用したギーディオンの言葉のなかにあった「アカデミー・ド・ボーザール(芸術院)」や「アカデミー様式」といった単語を知ることで見えてくるものがある。

 

フランスのアカデミズムのもつ絶対的な強さ

 フランスには、エコール・デ・ボザールという美術学校がある。この美術学校についてはその母体から説明する必要がある。

 そもそもは一七世紀の半ばに文学者の集まりを中心としてはじまった会合が、やがてルイ十三世治下に国家に認められ、アカデミー・フランセーズという学術団体ができた。これは現在まで三世紀にわたり活動をしている団体で、定員が四〇名からなる。歴代の会員にはヴォルテールやポール・ヴァレリー、ジャン・コクトーなど、歴史に名を残す著名な芸術家が多くいる。この会員資格は終身である。つまり、いまいる会員が他界し、欠員がでるまで新しい会員は選ばれない。
 さらに、文学以外の分野でもアカデミーが作られ、それらのアカデミーから構成されるフランス学士院という国立学術団体ができる。

 建築に関してはアカデミー・デ・ボザールという団体がフランス学士院の傘下にあり、そのアカデミー・デ・ボザールのなかに絵画彫刻などと並んで、建築アカデミーがあった。

 つまり、図式にすると下のようになる。

       フランス学士院
            |-アカデミー・フランセーズ
            |-文芸アカデミー
            |-科学アカデミー
            |-政治学アカデミー
            |-アカデミー・デ・ボザール
                    |-絵画彫刻アカデミー
                    |-音楽アカデミー
                    |-建築アカデミー

 
 このアカデミー・デ・ボザールの付属学校として美術学校が設立された。これらのアカデミーでは伝統的、古典主義的な作品が理想とされた。一七世紀半ばからはじまったこれらの団体や学校は一七八九年のフランス革命で変化を求められ、さらにその後の王政復古で再編が起きるなど、変化を繰り返しながらも、常にフランスにおける芸術の分野で絶対的な地位にあった。

 エコール・デ・ボザールはその流れのなかで誕生した美術学校であり、絵画・彫刻・建築を対象とした教育機関であった。ここには芸術を学ぶために世界中から留学生がきていた。

 ここで講義をおこなえるのは建築家として一流の証であり、非常に名誉なことであった。
 講義をおこなった建築家の多くはローマ賞の受賞者でもあった。
 このローマ賞というのは一七世紀の半ばから一九六〇年代後半までつづいたフランスの奨学金付き留学制度である。
 毎年、受賞者選定のために設計競技がおこなわれ、年に一人の受賞者が選ばれる。受賞者は複数年ローマに留学することができた。ローマには歴史的な彫刻や建築物があり、それらを吸収するために国の援助のもとで留学できたのである。
 ローマ賞を受賞し、ローマに留学するということは当時において、その才能に対する最高の報酬であった。受賞者はローマで学んだ古代、古典の様式について実測復原研究のレポートを作成し、パリに送るという課題があり、その内容も大いに注目を集めた。

 ローマの古代の芸術を学べるということと同時に、帰国後のローマ賞受賞者は公共部門の大型案件を任せられることも多く、またアカデミー会員になるものやエコール・デ・ボザールの教授になるものなど、その将来が約束されていた。
 エコール・デ・ボザールは修業年を定めておらず、そのため何年にもわたりローマ賞に挑み続けるものもいた。
 ローマ賞の審査はアカデミー・デ・ボザールの会員がおこなった。この会員資格も終身制である。
 このアカデミー及びエコール・デ・ボザール周辺にいた建築家は古典様式を学び伝統を重んじるあまり、保守的な存在が多かった。このような制度のもとで革新的な存在が影響力をもつことは難しかったといえるだろう。

 

「近代」の敵はアカデミズムだった

 ジュネーブの国際連盟本部庁舎の設計を最終的におこなった、ポール=アンリ・ネノーは一八七七年にローマ賞を受賞したフランス学士院の会員である。つまりアカデミーのヒエラルキーの頂点に立つ、重鎮のなかの重鎮であったといえる。

 また、ギーディオンが本書でとりあげなかったアメリカン・ボザールとは、エコール・デ・ボザールに留学し、その後にアメリカに帰国した建築家たちによってはじめられたものである。
 コルビュジエの国際連盟本部庁舎案が賞に選ばれなかった経緯について、ギーディオンは「パリのアカデミー・ド・ボーザール(芸術院)のある教授の陰謀術策」と述べている。また彼のいう「アカデミー様式」とは、エコール・デ・ボザールが重視する、古典様式に他ならない。
 ギーディオンをはじめとする、近代建築家による運動であるCIAM、彼らが対抗していたのは、このボザール周辺を含むアカデミズムである。

 数世紀にわたって国家の庇護のもとで学び、教え、継承してきた、このアカデミズムの影響力は強大なものであり、芸術に関する方面はすべて牛耳られていたといっても過言ではない。名誉あるアカデミーの会員になれるのはごく僅かな選ばれたものだけであり、しかも終身制である。伝統的な徒弟制度以外から生まれた新しいものに彼らが敵対心をもつのも無理はない。それは一九三〇年代でもそうであった。
 いまでは近代建築の勝利は歴史の必然のように見えても、本書執筆当時はまだまだアカデミズム、古典主義は強大な力をもっていたのである。

 ギーディオンは本書ではアメリカのボザール様式には触れなかったが、エコール・デ・ボザールについてはわずかだが書いている部分がある。それは、アンリ・ラブルーストについて書かれた部分においてである。
 ラブルーストはローマ賞を受賞して五年間ローマに留学していた。
 近代主義側からしてみると、ラブルーストはボザール・古典主義側の存在であり、いうなれば敵である。ギーディオンは他のところでそうしたように、ラブルーストについても省略してもよかったはずだ。ギーディオンがラブルーストについて書いたのには理由があった。
 それはラブルーストがローマ留学からパリに戻ったときに、アカデミーの旧態依然としたあり方に疑問をもったからである。ギーディオンはラブルーストの手紙を引用する「…エコール・ド・ボーザールで実際に行なわれているような学習では、建築は狭く拘束されてしまうに違いない」
 ギーディオンが直接的、間接的にボザール周辺を攻撃するのは、それだけボザールの影響力が大きかったということである。
 本書はたしかにルネサンス以降の西洋の建築史を俯瞰するが、それは正確には建築史というよりも近代建築史というほうが正しい。だからこそ本書は「近代建築の教科書」と呼ばれるのである

 

アカデミズムに勝利したあと

 現在では、近代建築が古典主義に勝利し、その後ポストモダンに敗北するという歴史を知ることが出来る。近代建築を代表する建築家は、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウス、フランク・ロイド・ライトなど、現在でも巨匠と呼ばれる。
 しかし、彼らが現役で活躍していた時代は、決して近代建築が安泰であったわけではない。実際に一九三〇年代以降に作られた大型建築のなかにも古典主義、歴史主義的なものも多くある。

 本書は近代建築の勝利のために書かれたものなのである。
 その本がいまでも読み継がれているということが近代建築の勝利を物語っているといえる。

 一九六八年、エコール・デ・ボザールからは建築が除外され、絵画と彫刻の美術学校になっている。
 建築はその方針に合わせて複数の分校で教育されるようになる。そのなかにはバウハウスの影響をうけた教育方針をもつ分校や、新しい工業技術を取り入れた建築のありかたを方針にかがげる分校もあった。すなわち近代主義的な建築を取り入れたのである。
 また権威主義的な風潮を助長させるローマ賞も同年に廃止されている。

 このアカデミーの変化には、近代主義的な建築家たちによる影響が大きいことは間違いない。そこには本書が与えた影響も小さくはないはずである。

 奇しくもエコール・デ・ボザールから建築が外され、ローマ賞が廃止された、一九六八年にギーディオンはこの世を去る。
 近代建築の勝利ために「近代建築の教科書」を書き、その勝利を得たともいえる年に、七五年の生涯を終えたのである。


【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)
ルイ・ピエール・バルタール 『ボザール建築理論講義』


Sponsored Link