◆ジークフリード・ギーディオン 『空間 時間 建築』 2/2
 

-近代建築の教科書とよばれる理由- 2/2

本書の内容2 -立体派、未来派、表現派-

ギーディオンの「近代建築史」はつづく。

まずはパリにおける立体派という運動についての説明がある。
絵画技法のキュービズムを含め、これらが空間の認識に影響を与えたという。

空間の特徴はそれを見るものの観点によって変わり、空間の本質を把握するには観察者はその中に自己を投入しなければならない、と語る。

さらに未来派と呼ばれる運動ついても述べられる。
立体派が空間の概念に関連したものであり、未来派は時間の概念に関連したものであると。

これらはともに視覚の拡張である。

つづいて橋梁の構造について、ロベール・マイヤールの功績を中心に述べられる。

ヴァルター・グロピウスとバウハウスに関しても詳細に語られる。

ここでは当時のドイツがどのような状況であったかを説明するために表現派についても述べられている。

表現派とは絵画や彫刻、音楽、文学なども含めた表現主義とよばれる潮流のなかにおける建築の動向をあらわす名称だ。

西洋の近代建築史において、その扱いは決して大きくはないかもしれないが、避けては通れない運動のひとつだ。

しかしギーディオンは「表現派の影響は、建築に対していかなる貢献をもなしとげることができなかった。」と容赦がない。

表現派の代表的な建築のひとつにエリッヒ・メンデルゾーンが設計したアインシュタイン塔という作品がある。
その特徴は曲面を多様した、うねるような造形にある。

アインシュタイン塔(http://ja.wikipedia.org/より)

アインシュタイン塔(http://ja.wikipedia.org/より)

一般的な建築史では表現派の説明とともに取り上げられる作品だが、それについても本書では名前をあげることさえしない。
おそらくそのアインシュタイン塔について述べていると思われる箇所で「くらげのようなぐにゃぐにゃしたコンクリートの塔を建てたりしていた」と批判的な記述をされるだけにとどまる。

造形的な「デザイン」を重視した表現派に対する厳しい扱いとは対照的に、「工業」と密接にリンクしていたバウハウスは肯定的に扱われる。
バウハウスの関しては「建築を媒介として、芸術と工業、芸術と日常生活とを結びつけようとする努力が払われた」と述べる。

さらにグロピウスのアメリカでの活動や、教育者としての功績を紹介する。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

Sponsored Link