◆ルイ・ピエール・バルタール 『ボザール建築理論講義』
 

-エコール・デ・ボザール教授からのご挨拶-


 

エコール・デ・ボザールの教授

 本書はエコール・デ・ボザール(フランス王立美術学校)の講義をまとめたものである。

 書かれたのは一八三五年頃で著者は建築理論講座の正教授であったルイ・ピエール・バルタールである。
 ルイ・ピエール・バルタールは一八世紀後半の建築家であるが、一般的な知名度はそれほど高くはない。

 現在、よく知られている建築家のほとんどは近代以降の建築家であり、それ以前の建築家で有名な人物となると、ルネサンスまで遡ることになるのではないだろうか。

 本書には巻末に『バルタール小伝』として彼の経歴がまとめられている。
 それによるとバルタールは一七六四年にパリで生まれる。
 最初、アカデミー付属の学校で彫刻を学んでいたが、風景画のデッサン能力の高さを認められローマに留学することになる。
 そこで、古代ローマの建築遺跡について学び、水彩画などを残している。
 さらに、ローマではローマ賞を受賞して留学していた建築家たちと親交を結び、これらの経験から建築の道へ進むことになったようだ。

 エコール・デ・ボザールで講義するということは当時においては、大変な名誉なことであった。
 バルタールのように別の道から建築へと進んで、そこまでの地位になった建築家は異例だったのではないだろうか。
 いまのように個人の意志で簡単に進路を変更できるような時代ではなかったはずだ。

 ちなみに彼の息子は、建築家のヴィクトール・バルタールである。
 父のもとで建築を学び、ローマ賞を受賞している。

ヴィクトール・バルタール
(https://ja.wikipe
dia.org/wiki/)

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link