◆ケヴィン・リンチ 『都市のイメージ』
 

-良書と奇妙な沈黙-

都市計画という目的

住宅を建築のはじまりとするなら、都市計画は建築の最終的な目的地のひとつだ。

用途に合わせた建物や施設の建築があり、それらを総合的にとらえた都市計画へと至る。

住宅建築のときには対象として「そこで生活する個人」がある。
都市計画では具体的な対象が大きくなるためそれだけ選択肢が増える。

都市計画以前、そこに暮らす人々がそれぞれの必要に応じてその「場」の利用を見出していく。
そのように自然発生的に成立する土地にはあらかじめ用意された計画はない。

古くからある都市の場合、最初の計画は為政者によってはじめられる場合が多い。
それは土地の保全を第一に優先して計画される。
歴史上の都市計画を振り返れば、外部からの攻撃や内部からの暴動を防ぐことを目的としている。

比較的社会が安定してくると、田園都市や工業都市など、その効率性を重視する傾向も生まれてくる。

いずれにしても計画された都市はそこで暮らす人間の自由度が限定される。
計画には目的があり、その目的は人々を強制するからだ。

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link