◆ル・コルビュジエ 『ユルバニスム』
 

-都市計画と内臓-


 

ユルバリスム=アーバニズム

 ユルバリスムは英語ではアーバニズム(urbanism)。つまりは都市的(urban)な志向のことをさす。一般的には都市計画全般を指す場合がおおい。

 コルビュジエによる『ユルバリスム』は、文字通り都市のありかたについて書かれた本である。
 都市計画をいかにすすめていくかということについて書かれているのだが、コルビュジエの手にかかると、それは詩的な表現を多く含む文章となる。

 出版されたのは一九二四年。コルビュジエが共同で建築事務所をひらいて二年後のことである。
 執筆していた時期はそれよりも前であると考えられるので、ほとんど建築家としての実績がなかった時期に書いたことになる。
 この頃の建築作品の実作としては母親のために小さな家を設計しているくらいである。

小さな家(http://www.myswitzerland.comより)

小さな家(http://www.myswitzerland.comより)

 そのような時期に書かれたもとだと考えると、本書の内容は壮大なものであるといえる。
 本書を読むと、コルビュジエの問題意識の高さを感じさせる。また建築家として生きていく上での強い使命感のようなものも感じる。
 単に建築物を設計するだけではなく、人間が生きていくうえで建築家として何ができるか、あるいはどのような貢献が可能かということを真摯に考えている。

創造と芸術

 本書の第一部には「総論」というタイトルがつけられている。ここでは<秩序>、<永続性>といった抽象的なタイトルで、根本となる思想が書かれている。

 たとえば<秩序>の章のなかには次のようにある。
「混沌とした自然の中で、自己の安全のために人間は環境をつくりだす。」
 都市計画について書くときに、コルビュジエは人工物のなにもない自然からはじめるのである。

「人間の制作は創造である。そしてその創造は、精神に近づき、身体から離れ遠ざかるほど、自然的環境を対照的なものとなる」と書かれる。

 コルビュジエは、自身が無神論者と呼ばれることについても触れている。
 神が人類をつくったとするキリスト教社会のなかで、コルビュジエは人類が野生の状態から創造によって進化し”人”となってく、という認識で書いている。

 さらに創造されたものは、人間の直接的な把握から遠ざかると幾何学に向かうとも書かれる。
 「身体に触れるヴァイオリンや椅子には幾何学が少ない」

 創造の最も高い段階においては、最も純粋な秩序に向かう、それが芸術作品であるとコルビュジエは語る。

Pages: 1 2 3 4 5

Sponsored Link