◆R・ヴェンチューリ 『建築の多様性と対立性』
 

-語ることの難しさ-


 

コルビュジエとヴェンチューリ

 引用したくなる文章がある。本書はその内容に対する言及よりも、冒頭に収録されたヴィンセント・スカーリーによる紹介文が引用される機会のほう多いかもしれない。
 「この本は、一九二三年のル・コルビュジエ著『建築をめざして』以降、建築について書かれた著作のうち最も重要な本」という一文である。
 これにはたしかに本書に対する興味を掻き立てるものがあり、まずこの本について語るときに引用したくなる箇所でもある。

 スカーリーは紹介のなかで、ル・コルビュジエとヴェンチューリを対比的に語り、後者の考察がいかに優れているかということを強調する。
 しかし本書を読んでみると、ヴェンチューリ自身はコルビュジエに対して自身と比較するような視点はとくに持ち合わせていない。
 彼は本書のなかで自身の論を補強するために多くの建築作品を取り上げるが、そのなかにはコルビュジエの作品がいくつも含まれている。
 コルビュジエに対しては一定の評価をしているように見える。またコルビュジエを否定しつつ自身の論を展開していくような側面もとくに目立ちはしない。

 

ヴェンチューリのわかりやすさ

 『建築をめざして』の次に影響力の大きな本ということがどこまで正しいのかわからないが、本書はコルビュジエの本とは大きく異なる。
 もっとも異なる点はその文体の明晰さである。ヴェンチューリの文章にはコルビュジエのような難解さはさほどない。そのため本書の内容は要約することがそれほどむずかしくはない。

 本書の内容を簡潔にまとめるなら、「状況を少し違った角度から見ると、好ましからぬと見えたものが好ましいものとみなしうることもあるのではなかろうか」という、ヴェンチューリ自身の一文で要約可能である。

 彼のもうひとつの代表的な書物である『ラスヴェガス』でもこの基本的なスタンスは変わらない。
 現代建築が礼賛してきたのは「最小限」ということであるが、それは全体を統合することを容易にするからである。そうでないものには、全体としてまとまりに欠けたもの、一貫性のないもの、曖昧なものとして見なされ、評価の対象からは排除されてきた。

 そのような状況に対し、ヴェンチューリは別の視点を与える。
 それが「多様性」と「対立性」というものである。

 多様性とは<それとも>でつなげられる二重の機能である。
 たとえば、中央に裂け目のある建物なのか<それとも>ふたつの建物がくっついたものなか、などというふうに。
 対立性とは<にもかかわらず>でつなげられる二重の意味である。
 たとえば、中庭のようなある空間について、閉じている<にもかかわらず>開かれている、などというふうに。

 

「多様性」と「対立性」=いろいろな要素をまとめている…だから素晴らしい?

 この「多様性」と「対立性」について、じつに多くの建築写真を用いながら、その例証を並べていく。ここでは現代建築に限らず一九世紀以前の建築も参照されている。

 ヴェンチューリは芸術における全体の統合の重要さを説き、それまでの現代建築にありがちな排除によって達成される安易な統合よりも、包合によって達成される複雑な統合を重要視するのである。
 これはそのままポストモダンのありかたのひとつであるといえる。このことは磯崎新の『建築と解体』においても述べられている。

 では包合によって達成される複雑な統合がより重要なのはなぜか。多彩で広範囲の要素を含むということに価値を見出すのなぜか。
 たしかに要素を排除して全体性を統合させることよりも、さまざまな要素を含みながらその上で全体のまとまりを崩さないことのほうが、よい難度の高い作業であるということはいえる。
 それでは全体を統合するときに難度が高いほどよいものなのだろうか。
 この問いは芸術の価値とは何かということに繋がる。

 

そもそも芸術の価値とはなにか

 芸術の価値、それはもちろん作品の価格における金銭的な価値などではなく、芸術のどこに価値があるかについて、言葉で説明することは非常に困難なことである。

 建築だけでなく、美術でも音楽でも文学でもその素晴らしさを人に伝えることはむずかしい。
 そのよさがわかると思っているもの同士であっても、それを言葉で共有することはむずかしい。
 多くの人がよいと感じている作品には、やはり何かしらそう感じさせるものがあるはずである。にもかかわらず、それを言葉で表現することは困難である。

 それは作品の価値が欠けているからではない。
 どれほど優れた芸術作品であっても、その素晴らしさを言葉で説明することはむずかしいのである。

 それは芸術のよさというものがある種の感覚を訴えかける力に大きな比重を置いているとこに通じるのかもしれない。
 そして、感覚に訴えかける力とは言語化できる領域のものではないのかもしれない。

 具体的に語りえる「なにか」によって成り立っているものではない。
 そうである以上、言葉で語ろうとすると抽象的な内容になってしまうのは避けられない。

 とくに近代以降、建築は他の芸術と乖離しはじめたことで語るときの抽象度が高まってしまったように思える。
 その乖離とは他の芸術が、芸術家の訓練された技術と、持って生まれた才能という、人間の「手」によって創られ続けているのに対し、建築が機械生産と密接に結びついていくことに由来している。
 それは快適さや安全性を求め、素材の変化や構造の変化にともなって起きた。
 さらに技術の進歩よって可能になった巨大建築が人間の「手」を離れてしまったために起きた。あるいは近代主義という潮流によってそのようなものになってしまったのかもしれない。
 現在の建築においては前近代的な柱頭装飾を用いる建築家はいない。

ヴェンチューリの代表作、『母の家』 (http://storiesofhouses.blogspot.jpより)

ヴェンチューリの代表作、『母の家』
(http://storiesofhouses.blogspot.jpより)

 

建築について語るときのむずかしさ

 ただでさえ芸術は語ることがむずかしいのに、建築という分野はその芸術のなかでもさらに特殊な位置におかれている。
 それは他の芸術よりも「実際に利用するときの利便性」を求められるからである。

 その一方で、芸術のなかで建築ほど語ることを要請される分野も他にはない。
 すなわち、建築家にはその設計にかんして、施主を納得させなければならないのである。

 現代建築においては建築を語るとき、思想――あるいは哲学――分野から借りてきた「言葉」が援用されることが多い。
 それは往々にして抽象的で晦渋なものになる。
 またそのように語ることでなにか高尚な概念のもとにつくられたかのような印象を与えるという効果を狙っているように思えるふしもある。
 建築を語るための言葉がそれほどまでにないのである。

 ヴェンチューリが優れているのは、建築を語る言葉を持っていたということである。
 「多様性」と「対立性」という切り口は、単にモダンに対する反発ということだけでなく、近代以前の建築も含めた建築というものの価値がどこにあるのか、その可能性を探る手がかりになる。
 「建築というものの価値がどこにあるか」、それを見いだす可能性を提示したという点だけでも本書は読むに値する。

 

「多様性」と「対立性」について改めて考えてみる

 ここまできて、はじめてそれが妥当かどうかを考察することが可能になる。
 建築における「多様性」と「対立性」というものが本当に価値があるといえるのかどうか考察してみる。

 たしかに要素を排除して全体を統一する容易さと比較すれば、「多様性」と「対立性」を含みながら全体の統一性を保つのはむずかしいだろう。
 しかし全体が統一しているとき、その要素は全体のなかに取り入れらてしまっているので、要素の多寡は大きな意味をもたないともいえる。
 逆に要素の多寡を意識させてしまうようでは、つまり異なる要素の存在が認められるようでは、統一がうまくなされていないということになってしまわないだろうか。
 全体の統一性に芸術の重要性をおくのであれば、必ずしも「多様性」「対立性」の存在は必要ではない。
 「多様性」と「対立性」の存在はいたずらに作業を困難にしているだけともいえないだろうか。

 ヴェンチューリは何度も繰り返し例を示す。歴史的な名作とされる建築に見られる、「多様性」と「対立性」を列挙する。
 それは自身の論拠となるものを並べることに必死なようにも見える。あるいはそれ以上の説明が不可能であることを悟られないようにしているようにも見える。

 例として参照される写真とそれに対するヴェンチューリの説明は一致している。たしかにそこでの説明に間違いはない。
 しかしあまりに続く参照の多さに、それは「多様性」や「対立性」である必要はないのでは、という気すらしてくる。

 たとえば恣意的に「冗長性」と「不便性」などという切り口で建築を語ろうと思えばできてしまうのではないだろうか。
 膨大な建築物のなかから、該当する部分を切り取り、並べることで、それは可能であると思われる。
 ポストモダンの条件である「反」モダンという点を満たしていれば時代に受け入れられる可能性も十分ある。

 

素晴らしさの指標としたのは…自分の「好み」!

 とはいえ本書が、膨大な資料によって補強されただけの恣意的な内容だといいたいわけではない。
 「建築というものの価値がどこにあるか」、その問いに真正面から回答を用意しようと試みたというだけで十分賞賛されるべきものだ。
 本書の存在は、建築の価値とはなにかという考察を一歩前進させるだけの価値がある。

 さらに付け加えるならばヴェンチューリは「多様性」と「対立性」というものを「好む」と明言している。
 価値を語るむずかしさをわかったうえで、自身の「好む」という基準を軸に語るのである。

 過去の膨大な建築を参照すれば、さまざまな語り口が可能である。
 そこで取捨選択の基準として用いたのが自分の「好み」であると明言するのである。
 批評という意味で極言するとき、最終的にはそこを基準にするしかないし、そこから導かれたものに賛同するかどうかは読むものひとりひとりが判断すればよいことである。

 建築に限らず他の芸術に関しても、その価値がどこにあるかということを語りえている書物は決して多くはない。
 たとえば絵画というものの価値とはどこにあるか、写実性か、技術の巧みさか、描かれた時代の古さか、そのテーマの深淵さか、斬新さか、どれも当てはまるようにも思えるし、どれも違うようにも思える。
 では文学ではどうか、音楽ではどうか、個別の作品の良し悪しではなく、そのものの価値とはどういうものかということについて、結論までたどりつくだけでも困難な作業なのである。

 ヴェンチューリは本書の冒頭で述べている「本書は建築批評のひとつの試みであると同時に、私の作品を間接的に説明するひとつの弁明でもある」と。
 自身が建築家として設計するときに、すなわちポストモダン的な状況において設計するときに理論的に武装をしようと思えばこのようなかたちになるしかなかったのではないか。

 いまさらモダン建築をつくるわけにもいかないし、プレモダンな歴史主義に戻るわけにもいかない、かといってなにもないところから新しいものを創造することが現実的ではないことは、参照した建築史を振り返ればすぐに理解できるだろう。

 そこから彼が選択した「状況を少し違った角度から見ると、好ましからぬと見えたものが好ましいものとみなしうることもあるのではなかろうか」という視点は十分に理解できるし意味があると思う。
 この視点をもとに「多様性」と「対立性」という言葉を導き出したヴェンチューリの明晰さは、語るための言葉が少ない世界において非常に優れたものであるといえる。


【関連】
建築書レビュー 一覧(コルビュジエ、ライト、ギーディオン他)
ヴィンセント・スカーリー 『アメリカの建築とアーバニズム(上)』
R・ヴェンチューリ 『ラスベガス』


Sponsored Link