◆レム・コールハース 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る… 』
 

-レム・コールハースが日本建築史に残した重要な仕事-


 

メタボリズムと丹下健三

 本書は基本的にはメタボリズムの解説書という体裁をとっている。
 しかし、著者のレム・コールハース曰く、「丹下健三の本」でもあるという。

丹下健三 (https://ja.wikipedia.org)

丹下健三
(https://ja.wikipedia.org)

 メタボリズムとは一九六〇年代に日本でおこった建築の運動である。

 それは丹下健三の弟子たちと、周辺の評論家やデザイナー、官僚なども巻き込んだ前衛運動だった。
 この運動は建築においてはじめて日本から世界に向けて発信された運動でもあった。

 この運動に参加した人物、逆に近いところにいながら参加しなかった人物、周辺の関係者らへのインタビューと、当時の写真や出版物からの転載を中心に本書は構成されている。

 基本的にページの左側に当時の建築写真や週刊誌からの転載がキャプション付きで掲載されており、右側には二〇〇五年以降に本書のためにおこなわれたインタビューが掲載されている。

 インタビューの聞き手はレム・コールハースとハンス・ウルリッヒ・オブリストである。
 オブリストは美術評論家でキュレーターでもあり、各種インタビューの経験が豊富な人物でもあるという。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

Sponsored Link